あるゴルファーの日記@Thailand

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

雨季はいつまで。。。

体調もようやく快復。嫁さんに風邪をうつしてしまい悪いことをした。彼女はバムルン病院まで行って、レントゲンまでとったが、結局、鼻水の薬をもらって帰ってきたとのことだった。その嫁さんも今は快復した。

土曜日、メンバーの人も入れて3名でラウンド。クラブセットをホーム用 (EPON+MASUDA) に戻す。

f:id:iloveroyalgems:20220924200212j:image

ジェムスは、相変わらずウエットコンディション。雨は、ほぼ毎日降っている。乾く間も無く芝に保水したまま、グチャグチャ。もともと水はけのよいゴルフ場で、その排水能力を超えて雨が降ってしまっているようだ。大洪水も心配されているが、ダムを放水したり、工業団地が沈んだりというニュースは今のところないので、多分、大丈夫だろうとは思う。これから雨季の終わり。激しい豪雨になることが多いので引き続き、注意が必要。あと1ヶ月くらいの辛抱。爽快感もなく、気分が乗らないまま、ラウンドは終了した。不甲斐ないゴルフだった。

全員、クラブハウスの料理に飽きており、車も相乗りで来たため、早々にゴルフ場を退散。昼食は、Kビレッジまで戻って、麺屋武一で食べた。ここの塩ラーメンは、バンコクで一番好きかもしれない。内田家がKビレッジ1階にできて、営業的に圧迫されないか心配。この味は大事にしたいので、できる限り応援したい。午後1時を回っていたが、まぁまぁ客も入っていた。

充電スペースで、車の駐車兼充電もできた。(^^♪ 今のところ、ここの充電スペースは空いていることが多いので、混んでいても、駐車スペース探しに苦労することはなく安心。

股関節が硬い

もともと股関節が硬い。

先日、マッサージのおばちゃんに尻側から全体重で足踏みされて悲鳴をあげた。踏まれる都度、筋肉がゴリゴリいっていた。時々、固すぎて筋肉を足裏で押せず、おばちゃんの足がズルッと滑る。マッサージ効果ないままにかなり痛い。(涙目)

ゴルフ土日連戦になると、尚更、硬くなる。

2日目は動きが鈍って、酷いことになることが多い。

股関節を柔らかくして、スイングで股関節を左右スムーズに入れ替えるというのが理想。硬くなると、手打ちを誘発してしまう。テークバックで右にのらず、このまま切り返すと、ヘッドがかぶってドひっかけになる。股関節があまり動かず、腰を捻っているようなスイングになり、腕も身体正面から外れるようだ。先週末ラウンドは、下半身の動きばかり意識していた。

最近は、寝る前にお気に入りのポッドキャストを聞きながら、ベッドで横になって、適当なストレッチをしていることが多い。本当はYouTubeでインストラクターに合わせて行うストレッチが良いのだけれど、コロナ巣篭り生活のせいか、既に飽きてしまった。

夜就寝前のルーティンを固めつつ、緩く続けるのが良いと思う。

キリアンゴルフクラブ

昔、NCRと呼ばれていたゴルフ場。ナコンパトムとスパンブリのちょうど県境にある。ダイナスティよりさらに奥に入ったところ。ターチン川(แม่น้ำท่าจีน)のほとり。地図を見るとアユタヤ、ノンタブリの県境も近い。この辺は、4県の県堺が、結構、接近している。

そういえば、帰任したゴル友が、遠い、遠いと文句を言いつつ、通っていたのを思い出した。彼が帰任した後くらい、2010年代中後半から、韓国人専用ゴルフ場と化していた。韓国人以外の予約は、タイ人も含め取らなかったのではないか。その後、コロナで韓国人長期滞在者が激減。事実上、閉鎖状態になっていた。クラブハウスは、廃墟のようになっているという噂も聞いていた。

ゴルタイさん情報によれば、11月末に閉鎖されるスワナプーム(プレジデント)と同じバンコク銀行が所有?しているらしい。ミンブリであればともかく、こんなド田舎にプリティはいる? それらしいユニフォームの人を見かけた www

golf-thailand.net

今回は、土曜日、ダイナスティ、日曜日、キリアンの組み合わせで、泊りがけで行ってみた。クラブセットは、アウェイ用にピン・ナイキに変更。

土曜日、ダイナスティ。久々だったが、安定のコンディションで良かった。

そして、日曜日、キリアン。

f:id:iloveroyalgems:20220918203503j:image

f:id:iloveroyalgems:20220918203514j:image

芝は、まぁまぁ良かった。川沿いということで、期待していなかったが、ジェムスよりもぐちゃぐちゃしていない。ウェットなところで打ち続けていると、気分が萎えてくるので、久々にテンションが上がった。カート道が未整備だったり、ラフなどの周辺部が、まだまだこれからだが、可能性を感じた。レイアウトはドッグレックが多い。池も効いているので、曲げる人には辛いだろう。ホール毎に距離の長短がはっきりしていてメリハリがある。

遠方ということもあり、客は少ないかと思いきや、思ったよりタイ人客がいた。地元客っぽい。アユタヤ方面にも新しいゴルフ場が出来続けていて、道路事情を考えるとバンコク方面からの集客には苦戦しそうだ。車運転好きな自分的には、このコンディションなら、時々来ても良いかなと思った。(笑) 

初見で、80台だったので、まぁOK。

風邪引きました。

先週の水曜日、会食をして店から出たら大雨。道路はくるぶしくらいまでの洪水だった。最近は酷い雨が多い。あと1ヶ月くらい続くかと思うとウンザリする。

タクシーは拾えそうに無いので、カッパを着込んで、事務所まで歩いて10分くらい洪水の中を歩いた。その後、車で30、40分くらい運転して帰った。服はカッパのお陰で濡れなかったが、靴は水中に没して、くるぶしの上くらいから下はビショビショ、グチャグチャ。その濡れた足を車の冷房に当て続けたのが良くなかったらしい。

翌日、徐々に喉が痛くなり、咳が酷くなった。熱は無かった。木曜日、頑張って出社したが、金曜日お昼に早退した。その頃から喉よりも鼻水が酷くなり、頭もクラクラする感じに症状が変わってきた。念のためATKで検査したが、コロナ陽性ではなかった。アップルウォッチで血中酸素濃度も量ったが特に異常なし。

土日ラウンドも、だましだまし。特に日曜日は、鼻が詰まって、息が苦しく、鼻水もダラダラできつかった。

月曜日、特にアポもなかったため、会社を休むことにした。

1日、休んで、頭は相変わらずクラクラする。咳と鼻水は、少し和らいだ感じ。

年初くらいから、10K体重が落ちたが、体力も落ちているのかもしれない。久しぶりに体調不良が来たという感じ。

明日は、出社予定。

MASUDA GOLF STUDIO1 パター

まず、アドレスから。

アドレスすると、うっすらとフェース面が見える。調べたらナイキがロフト角2度なのに対して、これは4度だった。

ナイキもそうだが、ポンと置いた時に少しハンドレイトな感じにシャフトが傾く。そのまま打つとプッシュするような球が出るので、ポンと置いた状態ではアドレスせず、シャフトを垂直に立てた状態、すなわちフェースを少し立てた感じで、以前からアドレスしていた。一般にピン型パターの造り手が、意図しているアドレスなのか良くわからない。グリップの刺し方、打ち方、利き目(自分は右)も関係しているのかもしれない。

自分の場合、グリップが変則のスプリットハンドグリップで、これで握るにはちょっとグリップの長さが短いMASUDA自慢のスリットフィットグリップを生かすべく、手の間隔を狭くした。

ハンドアップで、ヒール側が少し浮く感じのアドレスは、従来通りで問題ないようだ。

本番テスト。

f:id:iloveroyalgems:20220910200102j:image

最初、疑心暗鬼で、強めのタッチを上手く打てず、焦った。結構、強く打っても大丈夫と言うことがわかり、徐々に良くなった。

方向性も狙ったラインに乗せやすい。芯を外して、ひっかけが何回か出たが、ミスショットに対する寛容性は、普通のピン型と比較してもシビアなようだ。