あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

11月の合宿(怒#)

今回の奇数月合宿はまたもグランプリ。このゴルフ場はコンペが多くて予約がなかなかとれず合宿するには日程調整に苦労するが、今回は予約がとれてラッキーと思った。が、、、甘かった。

火曜日からプロの予選会があるとのことでシード権のない若手タイ人プロが集結。ゴルフ場は予約管理も何もできていないことが露呈し1ホールごとに大渋滞となった。1人で回る人や何球も打つ人が続出。こんな状態であれば一般客は入れるべきでないだろう。もしくは予約をしていない人はいれるべきでない。予約表をチラ見した感じではがらがらだった。あきらかにプロたちは予約も何もしていない。さらにスタートホールでスターターは予約表を見てのスタート管理を全くしていなかった。

ついでにタイ人との間で2重価格も判明。クラブタイランドを使ってもタイ人との間で900バーツの開きがあり、やる前から気持ちがかなり萎えた。知り合いのタイ人プロがいたので話をしたが、このゴルフ場安いですよねというのを聞いて頭に血が上った。

2日目は特に酷かった。乾季に入ってもカンチャナブリは盆地のためか気温が下がらない、、、とのことで40度近くまで気温は上昇。目の下が日焼けでひりひりした。結局、11番ホールからスタートし、9ホールを過ぎたところでプレーを止めた。

コンディションはよいのに残念。同伴者次第だが、たぶんもう行かないと思う。近場ならまだしも、せっかく楽しみにして時間をかけて行って、これではどうしようもない。リゾート地でないど田舎のゴルフ場は混んでいたら、その場でキャンセルして他に行くくらいの判断が必要かもしれない。

https://www.instagram.com/p/Bbo1s4sHIuy/

ゴルフ場でクジャクが放し飼いになっていました。#ゴルフ#タイ

スイング微調整は続く。

スイングはだいぶ安定。

テークバックでコックが強めに入っていたのを弱めに、ヘッドを身体から遠く離すような感覚にした。あくまで感覚で実際はきっとヘッドは行ってしまっていると思うが、これでヘッドクロスが少し改善したと思う。切り返しで左腕ごと下におろして来る感じ。悪くなるとどうしても右肩が回転し、腕やヘッドも切り返し初期で身体の前に出てきてしまう。いわゆるカット打ち。

感覚は人それぞれ。文章を書いている自分でも少し違うかもと思う。スイングを人に文章で伝えるというのは難しい。本や雑誌でプロの書いていることが逆に自分にわかるはず無いと思う。日々、自身で試行錯誤して身体に染み込ませる以外になく、文章はその身体の記憶を呼び起こすためのきっかけに過ぎない。

ショートアイアン(7-PW)は少し肩だけクローズにアドレスすると上手くいく。掴まり過ぎをそれで抑える感じ。ミドルアイアン(4-6)は、肩も含めてスクエア。ミドルアイアンは少しそれで掴まりをよくしてあげる感覚。受け売りの知識だと逆のような気がするが、まぁまぁこの感覚で上手くいっている。

アプローチは、イップスから回復途上。少しフェースローテーションを意識して入れるようにしている。そうすることでソールが滑るような気がした。今でも本当の意味でソールが滑るという意味がわかっていない。従来、直線的な動きでリーディングエッジからソールが滑るとイメージしていたが、ザックリばかり。要するにエッジが突き刺さっていてソールが滑らない。もしかしたらフェースを回しながら滑らせるものなのか。。。と思っているが、これだとフォローでフェースが上を向かないような。(フェース開いていれば向くけど。) フェースローテーションを抑えてライン出しばかりしているとスイングが壊れるというのを聞いたことがあるがそれと似たような感じなのか。。。原理はともかく、結局、上手くいった経験を積み重ねるしかない。アプローチはウチッパのマット上ではなんとでも打ててしまう。芝から打たないと上達しない。トライ&エラーあるのみ。

 

週末2ラン。スイングはともかく、遅いグリーンに気持ちがやられてしまった感じ。 日曜日の最後の方は、いかんと思いつつ気持ちが切れてしまっていた。

https://www.instagram.com/p/BbY2fdnnZGU/

来週は、恒例地方合宿。カンチャナブリ方面へ。

強風との戦い

自分よりもメンバー歴の長い人も驚くくらいの強風が吹いた。北風。2番手以上通常よりも異なり、パットも風に影響を受ける。

木々の枝はあちこちで折れ、建設中の家の資材が強風に煽られ落下していた。

途中、パー3で風に煽られ入水。その後、バンカードロップ、目玉等が重なり7。気持ちが折れそうになりながらも、ボギー狙い、ダボやむなしでグズグズ進んだ。

精神修行にはなった。こういうラウンドもある。スコアはともかく、耐えきった充実感があった。

クラブを磨きながらゴルフ番組を見てグリップを反省する。

前国王火葬の日のため休日。ゴルフ場も店も午後閉まるとのこと。

自分もずっと家に引きこもり。

PGAツアー初日を見ながらクラブを磨く。

https://www.instagram.com/p/BascgFrHLp-/

タイ🇹🇭は前国王火葬のため休日。ホームコースも閉鎖。マイクラブを磨きながらHSBCチャンピオンズを見ています。#ゴルフ #タイランド #ゴルフクラブ

前回の練習とラウンドでの気付きを復習。

軸を意識して振るようにしているが、調子が悪くなると軸の右への傾きが大きくなる。肩や腰のラインも傾きすぎ。何より右手のグリップが横から入りすぎて左手グリップとの一体感が崩れてしまう。右肘もバックスィングで浮きやすくなる。もう古くなった理論かもしれないが、自分のスイングは左一軸系。上から(すなわち少しウィークに)握るよう調整。その上でもう少し棒立ち気味にボールを上から見る。この調整で前回のラウンドは、ドライバーのフェアウェイキープ率が上昇、アイアンもピンを指した。暫くの間、意識してラウンド。

社員旅行 2017

日本圧の高まりを感じていたが、今年は台湾。

業者の考えなのか、担当の考えなのか不明だが、スケジュールはとてつもなく強行の2泊4日。危うく帰りも日付をまたぎ2泊5日になるところだった。親分としてこんなことしたらいけないと思いつつ、このスケジュールだと辛いので行かないと脅して自分だけ遅めの便、早めの便で2泊3日にした。どちらにしても食事中心のグルメ旅行。

やっぱり小籠包!#台湾

残念ながら、美味しかったのは、この小籠包くらいで肝心の食事は外しまくった。台湾は団体用のレストランでない、少人数で行く穴場的なところに良いレストランがあるように思った。

あと予定をやはり詰めすぎ。町中なので移動はそれほど問題ない。自由行動が半日くらいあった方が良かったかも。

来年は、もう少し距離を伸ばして沖縄行けるかな?(笑)その辺が2泊3日の限界線。