あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

流石に手強い

金曜日、土曜日RCAで軽く練習。

3番アイアン。流石に手強い。手で上げてしまうと途端に身体の正面からクラブが外れトップの位置が定まらなくなる。長い分だけ、イメージしたプレーン上に降ろすのが結構難しい。芯にあたればキャリーで200Yくらい。スピンも結構かかっているようなのでグリーン上でも止まりそう。好みの中高弾道でRCAではネットの下の方にあたった。

今は練習場ですらナイスショットは50%。左へのミスは少なくどちらかというと、ヘッドの下で叩いて距離をロスするようなミスが多かった。あわせにいくと右にふける。ミスがダイレクトにフィードバックされるのもマッスルならでは。使いこなしたいと意欲がふつふつ湧いてきた。

ショートアイアンも一緒に練習したが、短い番手ほど打点がヘッドのトゥ寄り、長いほどヒール寄りだった。トゥよりは芯を外すことになるので、もう少しショートアイアンのスイング軌道をフラットにしなくてはなぁと思う。以前プロから指摘を受けたように少しボールに近すぎるのかもしれない等と考えた。

日曜日、同年齢のタメの人たちとジェムスで気軽にラウンド。

3番アイアンを試す機会は3回あり。1回はラフからまぁまぁで200Yちょっと、後の2回はティーアップでタイミングあわず左へのミス。ちょっとタイミングが取りづらいが、ラフからでもよほど沈んでいない限り十分、戦力にはなりそう。

3番アイアンに限らず、タイミングが合わないショットが多かった。特に振り急ぎ。。

スコア的にはまずまずだが、、もう少しトップで我慢して、フォローを気にせず、インサイドから打ち抜きたい。