あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

ロイヤルバンコクスポーツクラブ

洪水騒動の中、しばらく、メンバー候補者をやっていたが、先日、同スポーツクラブの紹介ミーティングで正式に投票権なしのメンバー(ノンボーティングメンバー)の承認が下りた。パインに平日行かなくなったのはこの理由による。今はどっちにしても洪水で行けないが。。。

20111007729_convert_20111103102539.jpg

それにしてもノンボーティングメンバーになるのも、正規(投票権あり)メンバー2名の推薦(ほとんど身元保証人扱い)が必要であり、これはこれで大変は大変だが、巷でいわれているほどではない。(巷では10年以上の待ち)もちろん会費はかなり高い。ノンボーティングメンバーは1年毎の更新で5年までしか更新が認められていない。5年後に正規メンバーの申請ができるが、正規メンバーになるには、正規メンバーの定員の空きが必要であり、このために長期間待つ必要がある。この辺の話がごっちゃになって巷に流布しているようだ。規約がそのうち改訂になるかもしれないし、5年後のことは5年後に考えようと思う。

紹介ミーティングは、10人位の委員それぞれから個別に面接を受ける必要があり、これだけでもかなり大変。紹介者の尽力で何とかきりぬけることが出来た。現在は、平日早朝フィットネスと平日、競馬場の中のゴルフ場の利用が中心。ゴルフ場は、パー66でアウトがパー35でインがパー31、球が曲がる自分的には難しい。(球はなくならないが。。。)

スポーツクラブの規約によれば、スポーツクラブのファシリティ(レストラン除く)に呼べるゲストは、「タイ国に住んでいるものは除く」とある。すなわち、旅行者のみ。自分も以前ゲスト扱いでプレーしたことがあるし、タイ居住者と思われる人が書いたいろいろなブログでもプレーしたと紹介されている。どんなからくりになっているのか、単にチェックがルーズなだけなのか、よくわからない。住んでいるか、住んでいないかの判定基準は、規約上、あいまいではある。タイらしく拡大解釈しているのかな。

いずれにしてもこれから楽しもうと思う。[emoji:v-411]