あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

春節の週末

どんな大物がいるのか知らないが、ロイヤルジェムスはタイ人メンバーに好き勝手やらせ過ぎる。

前が詰まっているのに打ち込んできたり、仕方なく抜かさせたのに、今度は詰まっているからとトランプを始めたり。次の日は前が1ホール以上空いていて、後ろが詰まっているのにプレーのペースに全く無頓着だったり。これが年寄りなら仕方がないと思うが、40代、50代の壮年の大人。しかも3人。こういう人たちは仕事もダメなんだろうなと思う。親の遺産や怪しげな癒着ビジネスで財を成したような社会人失格の人ばかり。ほんと情けない。何度も怒りで切れそうになった。最近はゴルフに限らずタイ人に失望ばかり覚えることが多く、いつまで自分が怒りを抑えきれるのか不安になって来る。

土日ともに5時間超となった。天候がまだ暑くなかったのが救い。逆にもっと暑くなってくれば、こういうダメなタイ人はいなくなるだろうが、、

自分のプレーは波が激し過ぎた。バーディも来るが、トリも来る展開。技術的には肩幅の範囲でコンパクトにゴルフをしようとしたが、これが仇になって、バックスイングがインサイドに入りすぎていたかもしれない。インサイドに入り過ぎて、ダウンでヘッドが行き場を失い、結果、引っ掛けも出るしどスライスも出たように思う。症状からの推定で自覚は無かったが、、次回、少し意識してみる。