あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

初打@プレザントヴァレー

初打ちはジェムスでなく、プレザントヴァレーで。。

@iloveroyalgemsが投稿した写真 -

この日記を手繰れば何年前かでてくるだろうが、少なくともスコア記録をつけ始めた2012年下期以降は行っていない。マネージメントとコンディション悪く暫く塩漬け状態だった。今回、メンバーの一人が様子を見に行きたいと言い出して、今日のラウンドになった。

数年前と比較して木が随分多くなった。また、ネットを張ったりして危なくないようにしていた。グリーンは硬くて速く止まらない。メンテの関係と思うが、ほとんどのホールのグリーンが小さくなったように感じる。。。ところどころ凸凹なのは相変わらず。

6番右と折り返し7番右のOBがなくなっていた。10番右と折り返し11番右OBは相変わらず。14番は中央の木がなくなっていた。枯れてしまったのか。。。めずらしい野鳥が巣を作る場所はブッシュのままあったが、その案内板はなくなっていた。15番右OBは相変わらず。左ブッシュ側が拡張され随分フェアウェイが広くなった。16番はティーグランド前のフェアウェイが削られていた。例によってどこかに移殖されたのだろう。当時から芝の養生所がなく、ティグランド前をよく削っていた。グリーンを除けばコンディションはそんなに不良に感じなかった。人も少なくプレー時間も4時間15分位でちょうどよかった。

@iloveroyalgemsが投稿した写真 -

レイアウトは変えようがなく相変わらずのトリッキーさ。ブルーティからプレーしたが、ドライバーを使用したのはわずかに3ホールだった。ホームにするには物足りないが、時々、気分を変えて練習という意味で年に数回ラウンドするのも悪く無いと思った。預託金の返還期限まで4年3ヶ月。まともに返還されるとは信じがたいが、それまでの間、維持する予定。

ゴルフ的には、数年前のようにとっちらかる感じがなく、ミスショットにも淡々と、辛抱強くピンに向かっていけた。今から考えると昔はひどかった。我ながら成長した。スコア的には伸びなかったが、こういう日もある。ゴルフとはそういうものだと思う。今年1年、このような心持ちでゴルフや日々の生活を続けていければよいかなと思った。