あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

繁忙期のゴルフ

繁忙期はピーク。昨日は6時30分起床。家を出るまで仕事。午後ゴルフラウンド。今日も事務所に午前6時30分出社。お昼まで仕事。お昼は客と会食で、午後は流石にソファーでぐったりした。ゴルフは性行為の代理行為という記事を見たことがあるが、自分の場合、仕事の代理行為なのだろうか。体力の問題でなく、仕事に気が集中し充実していると感じている時は、ゴルフに気持ちがのらない。ゴルフ中も仕事のことを考えていたりする。あと1ヶ月位で繁忙期は終わってしまい、退屈さを持て余す日々に戻る。ゴルフに関心の比重が戻り、退屈さが紛れればよいと思う。

今年は仕事の絶対量が多すぎて気持ちの集中だけで乗りきれるか、少し不安。個人所得税の確定申告だけで、恐らく6百人分から7百人分。丁寧にいきたいと思うが、なかなか難しい。正直、最近の顧客駐在員の事務対応能力も落ちていて、集まる一時資料のレベルは低い。確認作業に追われている。この状況下、ミスはどうしても出るだろう。繁忙期明け、問題発生を覚悟。今週は政府機関主催の会計税務セミナーに友情出演。頭が回転すればよいが、、、

夕方、整体に行った。メンバーが随分と変更になっており、いつもより効きが弱かった。何でももう一つの店の新人従業員の研修をせざるを得ない状況らしい。もう一つの店のほうで問題でも起こったのだろう。値段を上げた分、厳しい状況。結局、日本人が出てきて対応。どこの業界も一緒かと思った。整体という、体力を使うルーティンの仕事の中でどのように自分自身やタイ人スタッフのモチベーションを維持していくのかなどと、、結局仕事のことを考えた。(orz)