あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

身近の経済

タイバーツに対しても円安がずいぶん進行している。昨年は一時1バーツ2.5円をきるくらいの勢いだったが、今は1バーツ3.2円超。バーツでビジネスを営み、日本にいる家族に仕送りする身としては非常にうれしい。実際、昨年の7月、8月ころまでは、仕送り額が、月々目減りするばかりで家族にも申し訳なくがっくり来ていた。すっかり海外に出稼ぎに出ているような心境。

日本からの投資ラッシュもここにきて、ひと段落しそう。円高を背景にした昨年の投資進出ラッシュはものすごかった。可哀そうなのは中途半端にすでに会社を設立したが、これから資本金や借入金をする会社。たぶん投資計画を大幅に見直さざるを得ないだろう。。。もっとも中国リスク、チャイナプラスワン等でタイに投資が集中した今までが異常だったということも言える。労働力は底を尽きかけ、給与の上昇にあまり歯止めがかかっているようには見えない。その現状が、果たして日本側できちんと見えていたのか。頭を冷やすいい機会かもしれない。

そんなこんなで個人的には確かにうれしいのだが、日本の経済として本当にこれでよいのか、外から見ていると結構、疑問ではある。円安になり海外での購買力は確実に落ちている。今後、経済も内向きになっていくということなのか。。。その分、輸出を頑張るということなんだろうか。。。