あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

ワイルディングのレッスン ?回目

金曜日のレッスン。毎回、先生からは同じことを指摘される。曰く

1. バックスイング軌道がフラット。

2. 原因はコックが遅い。もっとバックスイングの早い段階でコックを終了してシャフトを立てる。

毎回、同じことを指摘されて、その時は直るが、徐々に崩れていって、また、元に戻ってしまう。

思うにコックをした後のトップへのもって行き方の動きに迷いがあって、いろいろやっているうちにレイトコックに戻ってしまうようだ。

アーリーコック自身やコックした終了時点の場所に行くまではすぐできるので、その部分はすぐ終了して、今回は、コックを終了した時点、手が腰のあたりに来た時点で、それ以降どう動かすかのレッスンを集中的に受ける。

答:腕はもう動かさない。。。。が、腰を回す。具体的には右腰を身体の後ろに引くような動きをする。多少、右ひざは伸びてもよいが伸ばしきらないようにとのこと。以前は肩を回すといわれていて、それがしっくり来なかった。右腰だとわかるような気がする。

これでだいぶ改善。ただ、右にスライスが出るので、球が掴まるようにするため、初めて切り返しからフォローについて教えてもらう。(ようやく。。。)

手で掴まえにいかない、腰を回すことによって掴まえるように、、、自分はぜんぜんできていないといわれる。切り返したあとに左腰を回す。具体的には左腰を身体の後ろに引くような動き。その後、フォローにかけて左ひざを伸ばしていく。フォローにかけて、左ひざを伸ばすなんてまったく意識したことがなかった。

バックスイングとフォローの腰の動きを連動させて、先生が結局、こういう動きということをクラブを持たずに教えてくれた。前傾でコマネチ(古い?)の腕の上下の動きを左右交互にやる感じ。

土曜日、WGで自主練習。まず右腰を回す感じが自分の中でスウェイしているように感じるので、しっくりくるまで感覚を修正。一方で、腰をフォローにかけてまわして左ひざを伸ばす感じはなかなかうまくできない。トップしたり、腰のまわしが不十分だったり。現状、動画でスイング見るとこんな感じ。

[広告] VPS

もう少し練習が必要と思う。

といいつつ、今日、レムチャバンでいきなり試す

IMG_0845_convert_20110918174516.jpg

やっぱり、まだ難しい。特に距離の調整やライが悪い時。ラウンドはCの何ホールか、大たたきして90台中盤で終了。C絡みだけにスイングを考えていたらスコア的にはやむをえない。しかし下半身の調整は時間がかかりそう。ライが悪いときやフルショットでない時はどちらかというと気持ち手だけであわせにいった方がよさそうな気もする。

いずれにせよ、WGで違和感をなくすとともにもう少し実践でいろいろ試す。