あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

Muang Geaw on November 7 2009

もうツアーにはほとんど出ていないとのことだが、プロと呼ばれる人と初めてラウンドした。

体調を整えて臨むべきなのはわかっていた。希望も空しく、仕事の締め切りの関係で、帰宅は午前2時、睡眠時間3時間と最悪の状況でラウンドした。しかも、残りの2名もシングル級である。

IMG_0402.jpg

ということで、頭がボーとしたまま、お約束、1番ホールティーショットをだふり、50ヤードで止まった。皆のボールは自分のボールの200ヤード先である。(もちろんプロは3W)ここから先もありがちなパターンで2番ホールまで大たたきが続き、ほんとこのまま帰りたくなった。[emoji:v-406]

3番から通常に回復、何とか90代前半。プロは調子が悪かったといっていたが+3、他の2名も+8前後か、、ほんと上には上がいるものだ。下の道路越のパー5もとてつもないところからドローボールでフェアウェイを捕らえ、ツ-オン可能なところまで運んでいた。軽口を叩きながらもビリビリとしたこの真剣な雰囲気は、いつものラウンドとは異なり、これはこれでとても楽しかった。[emoji:v-290] 12月に再戦を約した。

IMG_0404.jpg

技術的なことでは、プロから、テークバック時に右ひざが伸びるとの指摘。これによってダフリ、トップが出ているとのことだった。明日、打ちっぱなしで練習しよう。

帰路、車を洗車に出している間にマッサージに行った。座った途端、即寝、記憶が全く無い。。。。