あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

3連荘でした。

土曜日、アーサーラハブチャー(三宝節)、日曜日、カオパンサー(入安日)、月曜日は土曜日の振替休日で3連休。

カオパンサーから約3ヶ月間、オークパンサーまで、昔は酒を飲まないという人も多かったらしい。受け売りだがお坊さんの修行期間の初日とのこと。キャディーもゴルフ場の祠にマーライ(ジャスミンの花輪)を捧げて拝んでいた。

kao pansaa เข้าพรรษา

なお、酒販禁止日でもジェムスはビールが飲める。ゴルフ場では飲めるところも多いようだ。(全てのゴルフ場でないので注意。以前タイ語もたいして喋れないのに酒が出ないことに怒りだし、トラブルになった人のニュースを読んだ。確かラムルッカ。)

ラウンドはジェムスでの最低限のノルマ80台を3日間キープしたかったが、3日目に崩れた。。どうも前半の前半、トリ、ダボスタートしたのをとり戻す展開が多い。この展開を避けてトリダボを抑え切れれば40台前半、パーの数によっては30台が見えてくる。その意味で最初の3ホールくらいをどういう風に乗り切れるかがポイント。

ここをボギー以上で乗り切れれば、パーが来なくてもじっくり待つことができる。逆だと気持ち的にいきなり追い込まれた状態で戦うことになる。

3日目のセッティングは平日セッティングでブルーはスコアカード通りのフルスペックの距離だった。精神的に追い込まれた後半の後半、スクラッチ勝負の相方とマッチプレーの様相を呈する。上がり3ホールの勝負はかなり面白かった。16番ジェムスで最も長いpar4 440y。しかもピン奥目。自分は右ラフ206ヤード、相手はフェアウェイで同じくらいの距離。ユーティリティ19度でグリーンを捉えたが、中央ちょい奥目で距離が残った。相手は同じユーティリティ19度でなんとグリーンオーバー。ランが出すぎた感じだった。その後自分は2パット、彼は寄せワン。

17番185ヤードpar3アゲンスト。ピン手前。ユーティリティでグリーン面を直接捉えると恐らくオーバーと思ったが、番手を下げると届かない。グリーン手前にキャリーが落ちてくれれば手前傾斜のクッションで止まるかもと思った。そんなことをキャディーと会話しながら打つ。狙い通りだったが、傾斜をそのまま駆け上がりグリーン奥に止まった。相手は右に少しふかしてラフ。その後、バーディパットが一筋外れパー。相手はまたも寄せワン。ニアピンも消された。

迎えた18番、パーなら80台を辛くも確保だったが、プレッシャーに負けた。前2日間の18番ホール、今日の15番以降右にふかしていたこともあり、ティーショットでちょっと細工をしようとしたのがよくなかった。仕掛けが効きすぎて左引っ掛け、林に入り2打目は出すだけとなった。勝負あり。相手は悠々とパーで逃げ切った。自分は、その後、きれずに淡々とダボで終えた。

久々に面白かった。次は負けない。