あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

簡単な(はずの)アイアンへの変更も楽ではない

このアイアンはハンドファースト強めに打つよりも、クラブでできた元のハンドファーストの角度を維持するように打つといいような気がする。あまり意識したことはなかったが、今まではどちらかというと左甲を飛球線方向に押し出していた。それで結構、強弾道が打てていた。このアイアンでそれをするとハンドファーストが強すぎてタイミング的にヘッドの芯に届かない。ヘッドの下っつらに当たる。重さが関係しているのか、はたまたシャフトのしなりなのか、腕に対してヘッドが落ちてくるのが、以前のものよりもほんの少し遅い気がする。その分、スイング中のハンドファーストを抑える必要がある。左肩を起点として左腕自身はほぼ固定で打っていく感じ。まだイメージが固まっていなくてアドレス時起動までに少し時間がかかっている。

いずれにしてもヘッドは上からダウンブロー。まだ得意だったミドルアイアンが火を噴かない。上から打てていないから左右に曲がっている気がする。ショートアイアンは、曲がりに関してはだいぶ良い。

see green #5 from teeing ground # 6

今日のラウンド。前半からスイングのことを考えていて???な展開だった。13番ショートで納得のいくショットが打てて、ショットのエンジンがようやくかかった感じだった。最終ホールは、すべてがうまく行き、会心のバーディで気持ちが良かった。(^_^)。

スコア的には時すでに遅し。 ゲームの方に意識を向けられるようになるまであと少し。