あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

新アイアン所感

木曜日、新しいアイアンが家に到着。4番は直近の確認では来月中旬には入荷しそう。

Pの下を悩んだが、結局、ギャップウェッジは繋がり重視でゼクシオフォージドのAを選択。

Sは、仕事の付き合いもあるので、一度使ってみようということで、イルカウェッジ🐬 バンカーはフェースを開きたいので、開けるドルフィンというのを選択した。どんなものかお試し。

new gears

ゼクシオフォージドについて、構えた感じは概ねいい感じ。ただ、5番アイアンはオフセットが強すぎる気がする。構えてしまえばフェースに隠れてしまい視覚的に関係ないが、ソールはぶ厚い。( ̄(工) ̄) 

new gears

前のアイアンとの7番比較。横幅は同じくらい。新アイアンの方が上下に大きくネックが短い。ソールはケタ違い。

土、日、月は3連休。無謀にも練習なしで土曜日いきなり実戦投入。

From black tee #10

実際、無謀だった。ソールが厚くてダウンブローなのか払い打ちなのかのイメージがしずらい。最初のうちダフったりトップしたり。後半くらいからようやく感覚が掴めてきたが、今度は左右に散った。フェースローテーションのジャストタイミングは掴めないままだった。マッスルに比べて入射角を少しスイープにする必要がある。

ラフでは尖っているソールのせいか、意外にもマッスルより抜けが良かった。ラフにズッポリ埋まっていても距離のロスが少ない。

フェアウェイバンカーはソールが邪魔をして打ちにくい。

打感は軟鉄鍛造なのでマッスルに比べてもそんなに悪くない。結果は別にして芯を外した時もそれなりに打感にフィードバックはある。

懸念していた距離の打ち分けは、長い距離、短い距離とも問題なかった。17番はグリーン手前ピン位置で実測175ヤードだった。5番アイアンでグリーンに届いたが、やはり奥目の時は4番アイアンが欲しい。

シャフトNS930DSTフレックスS。軽いが、巷で言われているほど頼りない感じや柔い感じはなかった。

イルカウェッジはアプローチの抜けがなかなか良い。売りのバンカーは普通だったような。。。

日曜日、ウチッパでも練習した。

買う前にイメージしていたのと異なり、思った通りの球をいきなり打てるほどには優しくはなかった。今から思えば当たり前か。ただ、使っていて面白い。程なく使いこなせるだろうと思った。