あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

長時間ラウンド

9ホールしか開場していなくて、ビジターなんてほとんどいないのに、コースはメンバーで溢れ、ラウンドは5時間30分。毎ホール待たされ、かなりうんざり。最後の3ホールくらいは同伴者も含め口数が少なかった。ジェムスの流れはいつも遅いので自分はなれているし耐えられるが、連れてきた同伴者に対して本当に申し訳ないと思った。彼らには、なにも混んでいる9ホールコースでやる必然性がない。

良いニュースもあった。ある程度他で養生した芝を植えたため、アウトのグリーン張替えが速くすすみ、8月6日には18ホール開場予定とのこと。予定よりも2ヶ月弱早い。

ラウンド的には、最初、ドライバーショットが左に乱れたが、キャディからテークバックがインサイドに入りすぎているとアドバイスを受けて調整した結果、後半回復した。身体の正面を外さないように上げて真下(インサイド)に降ろすというのを忘れていた。ウェッジとショートアイアンの感じはおかしいままだったので、明日RCAで調整。

パットのクロスハンドグリップはいい感じ。気持ち悪いショートパットの外しはなくなった。