あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

されどスコア。。。

スコアにこだわり過ぎても、ギシギシして面白くない。かと言って全くこだわらないとしたら、それはそれで何のためにラウンドしているのかとなってしまう。打ちっぱに行くのと何も違わない。いつまでもグランドラインに入れないのは悔しい。先週のラウンド後、対策をいろいろ考えた。

まず、今、ボギー基準に考えている頭をパー基準に切り替えようと思う。例えば、パー基準にして、ハーフ6オーバーまで許容範囲というように。。。ボギー基準で90前後の境界線をさまよっていると妙に気持ちが縮こまってしまう。結果、ミスを誘発しているように思う。昔の100切りの時みたい。実力的には問題ないと思うので、もう少しハードルを上げてしまい、あまり90の境界を意識しないようにしたい。身体が勝手に反応して予定調和させないということが重要。

次に、自分の場合、ビッグスコアの最大の特徴はミスの連鎖。ミスをした時にそれを無理に取り返しにいかない。いつまでもパーで上がることに拘らない。どうしてもティーショットでミスをした後、ガードバンカーや水で囲まれた200ヤード以上先のグリーンを狙うというようなことをやる。悪い癖で頭が勝手に組み立ててしまう。

そういう時は、当座、ボギー上がりに切り替える、3打目で狙えるようなら、また、寄せワン狙いするが、最低限、ボギーオンできるように持っていく、というような戦略に切り替えることが必要と思った。いつまでもパー狙いに拘って、自ら追い込むように気持ちに余裕をなくすことが、ミスの連鎖を生むように思う。

最後に苦手のドライバー。ティーショットで池やOBだと、ほぼダボ以上が確定してしまう。狭いホールで、曲がりを抑えてキッチリとラインを出していけることが必要。

ミスして、時々出ていたが、物凄く低い球。距離的には10から20ヤード通常ショットより落ちるが、よりラインを出せるような気がする。インテンショナルに打てれば狭いホールで武器になると思う。打ち方はなんとなくわかるので、次回、イメージして打ちにいってみる。

思考だけでスコアが改善するはずもないが、何も変えなければいつもと同じ結果しか待っていない。ギアなのか、自分の中身なのか、何かを少しずつ変えていく。