あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

ソンクラン連戦

ソンクラン連休の前夜。

17日、18日有給で休みたい従業員が、この日までに自分の担当会社の経理を仕上げたくて、これに付き合う羽目に。。結局、深夜残業で帰宅は午前0時を回っていた。まだ、残っている従業員もいて、翌朝、クライエントへの報告メールを確認したら午前3時だった。急ぐ必要もないのに自分たちの都合で急ぎ、さらに残業し、これに対して会社が残業代を払うのはなにか変な気がした。。。

手待ちの間、延長戦を強いてきているある会社の個人所得税申告書作りをこなし、随分と疲れた。今年は繁忙期が完全に明けたと思えないままソンクラン休暇に突入。

そして5連戦初日。こんな状態で良いゴルフができるはずもない。前半、身体動かず、判断力も鈍り傷が広がった。後半、追い込んで90切りを狙った。16番ピンデッドにいったアイアンは、あたりが良かったが、左に少しきれた。傾斜に蹴られバンカーに。。

そこから4打を要して万事休す。チャレンジしての結果だけに悔いはないが、その後も順調だっただけに、惜しかった。90台前半。

Songkran holidays at Royal Gems

第2戦も1戦に引き続き、北海道在住のゴルフ狂の夫婦とラウンド。北海道は、まだ完全にシーズンインしていないらしく、調子はイマイチのようだったが、グリーンが空くのを待つ姿など、そこはかとなく、ラウンドに対するハングリーさのようなものを感じた。こちらは、どうもだらけてしまい締まりのないラウンドになってしまった。

夕方激しいスコール。連日、雨が降っており、この時期にしては珍しい。雨季が来るのも早いかもしれない。なぎやで一緒に夕飯。

Nagiya at Bangkok

ソンクラン初日、こんな早朝から活動しているのは日本人くらいかと思いきや、近所のタイ人メンバーがちらほら。ただ、閑散としていた。前半は、相変わらず、だらけたゴルフだったが、後半、ショットがキレ始め37だった。ほんのちょっとしたことがきっかけになる。どうもいろいろな球を打とうとして腕で操作しすぎていた。前半途中、インパクトで左腕が余っているような感覚になり、よくよくスタンスをチェックしたらアドレスで左腕が曲がっていた。油断するとちょっとづつズレが生じる。補正後、キレがあるショットが戻った。

ラウンド終了し、靴の汚れをエアガンで落としていた時、後ろから指名キャディに思い切り氷水をぶっかけられ、氷を服に入れられた。(*_*)

この時点で5連戦目は、相方の身内に不幸があり、キャンセル。ソンクラン2日目が最終戦となった。

4戦目、最終戦。昨日の後半からの繋がりを期待したが、どうも波に乗れず。それでも40台前半で折り返し。後半ショットがキレだすも、今度はパットが全く入らず。バーディパットをいくつも外した。そのうちにダボがきて、前半と同じく42で終了。今回はうまく狙ったところに打てないというよりも、キャディとラインの読みが合わなかった。結果からみると、半々くらいでそれぞれが正しかった。読みがカップ半分くらいずれると入らない。ストレスが溜まるラウンドだった。

Songkran holidays at Royal Gems 2

帰宅後、クラブ磨き。カラーグリップなので、今回から、毎回、水タオルでグリップも拭くことにした、

明日もRCAで軽めの練習予定。

どうもハーフ42くらいが、今の自分のデッドエンドのような気がする。もちろんラッキーが重なればそれ以上もでるが、たまたまであって実力とは思えない。振り返ってみてもボンミスがハーフ2つくらいは最低でも出る。アマチュアのレベルだと、それがビックイニングにならない限り許容しなければならないと思う。それに仮に2つのボンミスを防げても40にしかならない。むしろ全体の底上げをしないと30台を狙っていけるというところからは遠い。ドライバー、アイアン、チップ、パターとやるべきことはたくさんあるのだろうが、底上げに必要な対策を今ひとつ掴みきれていない。スタッツもつけてみたが、活用するにはデータがざっくりしすぎている。その週のラウンドを何回も振り返って、どこを磨き、どこにパッチするべきか試行錯誤を続ける以外あるまい。。。