読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

いろいろ考えさせられる。

まことに難しい。。。。

上半身は右肩を出さないようにインサイドからボールに向かい引き下ろすが、下半身は意識した軸を中心に回す必要がある。左脚を伸ばして回す、表現はよくないかもしれないが、左腰が少し引けることによってスペースができると同時に左腕が旋回し、球を捉まえる動作になる。腰がまわっていないと左腕の旋回は不十分となり、フェースが開いて当ってプッシュスライスになる。スライスを嫌がり、まっすぐ飛ばそうと右肩が出て、捉まえにいってしまえばどひっかけ。酷いミスになるので、プッシュスライスを防止するためには適度に腰を回し、突っ込まないように左脚を延ばすような動作が必要か。。手でつかまえに行かない、スイングでボールを捉まえる。

アイアンやFWでは、ある程度、意識はしても、結構、アバウトで何とかなっていた。今度のドライバーはこの辺をシビアに要求してくる。

ノーマルセッティングでオープンフェース。自分のスイングではきちんとあたってフェードになるため、1目盛りドローセッティングに変更。この間のラウンドでは前半、強くていいストレート球が出た。(後半、ひっかけとスライスを繰り返した挙句、プッシュスライスが止まらなくなってしまったが。。。) しばらくこのセッティングを維持。

2014-10-26 06.25.38

前回後半、軸が少し後方過ぎたようにも思えるが、結局は、腰が楽をしたがり、ただ、安易に左腕でインサイドから引き下ろしていたのが、プッシュスライスの大きな原因かと思う。左を怖がらず腰を回していこうと思う。

今週末は社員旅行でラウンドなし。今年は海で、暇もあるので、素振り用の器具を持っていきイメージトレーニングを継続しようと思う。