あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

ついに

生涯ベストは5、6年前、レムチャバンBC白ティで出した79だった。当時はスイングも何もあったものでなく、ノンズロやラッキーショットの連続だった記憶がある。その後、長い冬眠。記録だけ残っていた。今年、前半、ベストタイの79がロイヤルジェムスで出た。ハーフベストは35で、ハーフでの30台は何度も出していたが、どうしても30台が揃わず、推移していた。

そしてついにその時は来た。レギュラーティーなので歓びは今ひとつだが、ベストはベスト。37+37=74。 4バーディ、10パー、2ボギー、2ダブルボギー。アイアンが切れまくりパーオン率は80%を超えた。

ただ、反省はティーショット。右にふける球が多かった。フェアウェイキープ率がようやく50%。後半途中までアンダーだったが、フケ玉一発で夢は消えてしまった。正直なところドライバーは未だ使いこなせている感覚がない。3番アイアンも含めてアイアンは問題がない。前のハーフキャビティより今の方がずっと打ちやすく、狙い撃ちしやすい。

ウッドもアイアンに似た感覚で狙い撃てる様なものがないのか。。。4Wは、わりとアイアン感覚で打てている。だが、ドライバーは、、、従来から自分の最大の弱点はドライバーで自信がなく肝心なところでミスが出る。ジェムスの場合、白ティはドライバーを使う機会が少なく影響は少ないが、バックティーでやれば格段に差が出る。。。

新兵器は予約してある。普通の人が見るとちょっとえーという感じのようだが、自分的には見た目が良い。今度の日本帰国時に、日本で打ち込み、タイに持ち込む予定。

日曜日、バックティー(ブルー)。ベストを出した後は、大崩というのが通り相場。過去もベストを出した後、100を切れない等の不調に陥った。

飛行機雲が綺麗だった。

ラウンド後半、ドライバー、アイアンともショットがおかしくなった。暑くて少しくらくらした。何とかパットとチップで抑えこみ、80台前半で終えた。少し身体が固く、大ぶりになっていたと思う。ベストは、もう忘れて、一からやり直し。