読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

ホワイトアウト

7時20分スタート。霧の中、無理やりスタートさせられる。真っ白で何も見えず。大叩き。3ホール目の茶店で晴れるまで待機。今までゴルフ場で経験したことのない濃い霧で、晴れたのは9時近かったか。。。

晴れた後は、当然、渋滞。毎ホール待たされる。終了は午後2時。7時間弱かかった計算になる。雑談をするのは楽しかったが、ゴルフは集中力を欠いた。技術的な問題というよりも気持ちの問題。途中で留守をしている犬のことも気になり、もし、日本から来ている客人とのラウンドでなかったら、途中で自分だけ帰っていたかもしれない。終了後の食事もせずに、自分だけ帰った。今回は、うんざり感だけが残った。せっかく週一の気分転換に来ているのに、全く真逆の感じになり、残念に思った。

それにしてもゴルフに何を求めているのか。年末にゴルフ仲間の独りからモチベーションを維持できる秘訣は何かという問いを受けた。その時は上手く表現できなかった。ピンと真摯に向き合い、心を集中し球をホールに向けて打って行く時の気持ちのハードさ、戦い、震える心に惹かれているのか。テニス、オートバイ、車と媒体は変われど、10代のころからずっと同じものを求めていた。ゴルフの目的が、単に上手い下手の技術やスコアだったり、人付き合いだったり、仕事上の接待だったり、安らぎだったりしたらとっくの昔に終わっていただろう。正直に言えば、これらは、他人と異なり優先度はかなり低い。時々一人で回りたくなるのもそんなところから。自分の仕事は一種の戦いと認識しているが、ともすれば惰性に流れる。仕事とは異なるフィールドで、ターゲットに逃げずに向き合う心、戦う心を確認しているような、そんな感触を求め、それがモチベーションに繋がっている。

明日はラウンドなし。久々にワイルディングに行こうと思って電話したら、すでにメンバーシップの期限が切れていた。ワイルディングは内輪もめか何かで既に解体しており、いつも行っていたプルーンチットも新法人。更新は認めないとのこと。値段も高くなったようだ。それじゃぁ、仕方がありませんね、予約はいいですといって電話を切った。明日、選挙投票日で道路封鎖だが、RCAにでも行ってみるか。

どうもボーケイはリーディングウェッジが浮いて見える。トップしそうに感じる。実際、トップも多い。48度は少しフックにかぶって見える、構えにくい。元のサミーさんウェッジに戻すことを検討中。明日、グリップ交換。パターでやめておけばよいのにブランドに引っ張られた悪い例だったかもしれない。古道具とつきあおう!

翌日、RCAに行く。車に少なくスムーズ。客も少なかった。

その後、ウェッジにIOMICのグリップを試したくてエカマイのゲートウェイにあるラッセルノに行った。在庫がないとのことでお願いして引き上げてきた。赤のEVOLUTIONを注文。