あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

連戦の終わり

ようやく土日連戦も今回で終わり。土日ラウンドを続けると気持ちの面でどうしても雑になる。

土曜日ジェムスは午後貸し切りコンペがあり、予約できず。午後コンペの時は7時30分くらいまでしか予約を入れないらしい。5時30分受付開始で話し中が続き、10分後につながったと思ったらいっぱいとのこと。キャディから、飛び込みでもメンバーの場合はやらせないわけにはいかないので、来たらいいのにと言われた。ただ、100%ではない。結局、友の会は、急遽、カスカータBCで開催することになった。以前、来た時はラムルッカの一般道は距離があり、通り過ぎたかと不安になった。今回は、スマホグーグルマップでナビをしてみた。初めて使用したが、音声案内が出るのには驚いた。あとはスクロールが自動になればカーナビそのもの。(設定の問題かもしれないが、スクロールは手動)

カスカータについてみると日本が連休のせいか、日本人ばかりで激混み。ガイドが引率して日本人の団体がぞろぞろと続く光景には、少しぎょっとした。カスカータは2回め、4−5年前に1回行っただけでよく覚えていない。Cはその後できたコースらしい。

この会のメンバーは、飛ばし屋2人でどうも力んで振りがおかしくなる。それでも前半、なんとかボギーペースで耐えていたが、ショートパット(パーパット)を外してリズムがおかしくなり、その後はミスの連続。結局、後半は50を超えて90台中盤に沈んだ。距離で対抗するのをやめてドライバーで230ヤードくらいを打っていくようなゴルフに気持ちを変えようかと思う。フルバックからのラウンドでない限り、問題はあまりないように思う。ラウンドは結局5時間オーバーだった。

日曜日、ジェムスに戻って、月例。初心者の人も多いためいつもは白ティーだが、珍しく青ティー。力まずを実践して前半42で折り返すも、パットは相変わらず入らず。後半、例によってリズムがおかしくなる。結局、ボギーペースもキープできず、80台後半。

DSC00382

パターは、行き着くところ見た目が格好いいという理由でピンタイプのものを使用している。ただ、引っ掛けたり、それを嫌がって押し出したりして、特にショートパットに完全に自信をなくしている。どうも構えた時に何か不安を感じる。ショートパットが入らないと全体のリズムがおかしくなるように思う。

ラウンドから戻り、この際、格好とかは関係がないので、以前使っていたマレットに戻そうという気になった。

DSC00385

月曜日のオチ。

どうも月曜日イライラすると思って、何故かを考えていたら、ショートパットを外した時の感じが残っていることが原因だった。どうしても元のオデッセイマレットに戻る気が起きない。気分の問題か。。。いつもパターはゴルフ仲間から格安で譲ってもらっていたが、気分転換に久々に自分で気に入ったのを買うかという気になった。マレットタイプのスコッティ。高かった。(泣) 入るかどうかはさっぱりわからなかったが、気持ちだけはようやく少し収まった。。。(^_^;)

練習マットでの感想。ユーザー評価にもコメントあったがインサインドインに振ることができればかなり直進性が高いことが判明。日曜日友の会を頑張る。( ゚д゚)