あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

考える旅

一人旅など何が面白いのかと思う人もいるだろうが、正直、平日、仕事に精神的に追われている身としてはとにかく日常を離れ、独り思索に耽りたいと思う。よせば良いのに規定の仕事とは違う仕事を引き受け四苦八苦、新たなチャレンジをしない限り新たなサービスは生まれない、自分も従業員も成長しないし、事務所の将来性もないと思うものの、重い仕事でトラブりながら心重く現在進行中。尚更、休みの日くらい逃避行したい状況。もちろん、友がいて、ゴルフ、仕事、人生を語ることができれば最高と思う。だが、泊まりではそうそううまく都合が合わない。結局、今回も一人キリマヤ。ここは閑散としていて一人で来るには調度良い。スタッフもだいぶ顔なじみになった。ホアヒンも一人で行ったことがあるものの、グループ向きで一人ではあまり楽しくなかった。夢にすぎないが、カオヤイの辺りに別荘やコンドでも持って、犬とともに週末通うというような生活もいいなと思う。

キリマヤの宿泊パッケージについているアフタヌーンティーは、前回、結構本格的であったため、さもしいと思ったが、昼抜きで行った。前回はチョクチャイバーガーを昼に食べたため完敗。すると今回はさらにグレードがアップしてタワーまで出現。(^_^;) 

DSC00061.JPG

やはり食べきれなかった。orz... 英国人はランチを食べたあとに、これをさらに食べるのかと不思議に思いネットで調べたら、食事を兼ねた喫茶習慣とのことだった。納得した。

ところで、ミラーレスカメラ(SONY NEX5R)を買って、今回が初めての本格使用。入門者用とは言え一眼なので接写体背景のボケがなんとも言えない。いろいろ試して遊んでみた。

DSC00067.JPG

さすがに飛んでいるトンボは動きが早すぎ、上手く取れない。

DSC00075.JPG

その後、ゴルフ場にカメラ持って独り撮影会をしていたら、退場するよう言われた(^_^;)

翌日、小雨交じりの強風。アゲンストの時は30ヤードから40ヤード戻される。グリーンもジェムスよりも重い感じで全く読みきれなかった。結局、100を切るのがやっと。昔の感覚で言うと110叩いたような気分でちょっと涙目。こういう難しいコース、悪コンディションで一人でやっていると精神修行にはよいと思う。リフレッシュにはならない。。(^_^;) 2時間30分くらいで終了。90を切ったことがないので、次回こそリベンジ。

20130728_075556