あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

朝食を取りながら

日曜日、練習後スタバで朝食。外は明るいながら小雨。乾季なのに珍しい。

土曜日のロイヤルジェムスは相変わらず激混み。。。最近は5時間超えが当たり前になった。前後、のんびり構えたタイ人グループだったのが救いだった。流れも考えずに近くに打ち込んできたり、詰まっているのに休みも取らずティーグランドに仁王立ちされていると嫌な感じを持つ。日本人年配の方に多い。。。

ラウンドは、ゴルフドクターのマインドコントロールにあいスイングがギクシャク。今後、あまり肩を意識するのはやめ、ただ、あまりダウンで詰まって掻っぱかないように左腕をきっちりバックスイングで伸ばしてスイングしようと思った。腕のローテーションでインサイドに引くのでなくシャフトを立てつつ体全体の回転でインサイドに入る感じ。早速日曜日、打ちっぱなしで調整。

今回のラウンドでパターをピンタイプからお蔵入りしていたマレットセンターシャフトに変更。ピンタイプで真っ直ぐ構えられなくなったのが原因。最初なれず苦戦したが、上級者からセンターシャフトの引き方、その時のヘッドの見え方について講釈を受ける。それによってストロークがだいぶ良くなった。もう少し家でも練習。2月予定のバンヤン、ブラックマウンテンに備える。

今日はこれからワイルディング復活入会予定。久々に自分のスイングを見たくなる。退会後、施設が変更、閉鎖になったり、今度は、日本人インストラクターが随分抜けると聞く。まぁ、施設を利用するだけなので問題ないとは思うが、、

補足: ワイルディングで、以前、教わっていたインストラクターと話をする。抜けた一人はフランチャイズとして開業するらしい。一人はインストラクター自身を辞めてしまうらしいが、、しかし、施設をちょっと見たが、機械がかなり良くなっていた。