あるゴルファーの日記@Thailand 改

タイに住んでいるあるアベレージゴルファーの日記です。

振り抜く

タイ在住のブロガーさんが、以前、ブログに書いていたコースと逆、ロイヤルラチャブリ経由でホアヒンに行って来た。ホアヒンではブラックマウンテン。

初日、ロイヤルラチャブリ。相変わらず両脇から木やハザードが迫り出し、ティーグランドのプレイヤーを威嚇する。コンディションも相変わらず良い。

今の状態では歯が立たず90台後半で終了。ラウンド中は、最近、また弾き感が弱くなっていたのでテークバックを小さくフォローを大きく取るということのみに注力した。結果はともかく、この強迫感のあるゴルフコースで貫けたことは良かった。

キャディは歩きが遅かったが、笑顔に少し癒された。

翌日、ブラックマウンテン。以前訪れた時はう~んと思うような運営でガックリきたが、妙に威張ったマーシャルもおらず、今回でイメージも大分良くなった。コンディション自身はタイとは思えないレベルで今までで最高。値段もカート込みで3,900バーツ最強ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ 客は白人8割。

前半、相変わらず芳しくなかった。左足下がりのライが打てない。後半回復で90台前半。 初めてここを回った同伴者は、後半アンダーの73. 凄!

全般として気のせいかもしれないが、ここ数年来、悩み続けた左曲がりの原因はようやく究明され、改善されつつあるように感じる。正しいかもう少し練習とラウンドで試す。こちらもそろそろ前に進めないといけない。